未分類

イープラス チケット販売革命

投稿日:

株式会社イープラスが提供するスマートホン用無料アプリ。美術関連のイベントのチラシをスマートホンやタブレットで閲覧することができ、クーポンも取得できる。

1999年7月30日設立。当時のセゾングループが50%、ソニーとその関連企業が50%出資した。現在はクレディセゾン37.6%、ファミリーマート8.2%、パルコ4.2%で、ソニーグループの持分すべてをソニー・ミュージックエンタテインメントが保有している。
元々セゾングループはグループの出版業、SSコミュニケーションズが「チケットセゾン」として、西武鉄道、西武百貨店、西友、ファミリーマートなどの西武・セゾン関連の店舗を中心にプレイガイド事業を展開した。ファミリーマートとの提携は1998年で解消し、その後はチケットぴあとの提携に変更した。また、グループの経営体質改善の一環として、1999年9月に店舗窓口形式によるプレイガイド事業を廃止し、2000年からエンタテイメントプラスがパソコン・iモードなどのインターネットサイトとプッシュホンによる自動応答電話を用いたチケット販売に特化するようになった。
チケットセゾンを運営していたSSコミュニケーションズ(後の角川・エス・エス・コミュニケーションズ、現在は角川マーケティングと合併し消滅)の株式譲渡を受けたため、角川グループが株主だった事がある。現在は株主ではない。
2009年6月、株式会社ファミリーマートおよび株式会社ファミマ・ドット・コムと業務提携し、マルチメディア端末「Famiポート」での販売開始。これにより。チケットセゾン時代以来11年ぶりにファミリーマートでのプレイガイド展開を再開した。なお、これを受けてファミリーマートとチケットぴあとの提携が解消されている。
2013年8月より、ローソンHMVエンタテイメントに代わり、JCBのプレイガイドサービス「チケットJCB」の運営を受託する[1]。
2015年1月に株式会社エンタテイメントプラスから株式会社イープラスに社名変更。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アパマンショップで なにができる?

アパマンショップ 正式社名「株式会社アパマンショップサブリース」。英文社名「Apamanshop Sublease Co., Ltd.」。不動産業。昭和44年(1969)創業。同50年(1975)「株 …

ホワイトデーって?お返しをする感謝の日 好きです。

ホワイトデーって?お返しをする感謝の日 好きです。 ■女性が欲しいお返しプレゼント 気になるところですよね 1位 アクセサリー 22.4% 2位 ファッション雑貨 21.4% 3位 お花 20% 4位 …

仮想通貨騒動終結 苫米地博士登場で本物を見せつけます!

  仮想通貨が世の中を騒がしておりますね! そんな中で本物が登場してくれたのはうれしいです! さあ、じっくり見せてもらいましょう本物のすごさを! ではどうぞ! ⇒http://goen-dr …

銀魂 この素晴らしい作品を読め!

銀魂 作者の空知の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。空知はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している[1][2]。 本作の第1巻には『だ …

STAR WARS フォースの覚醒を復習

前作「フォースの覚醒」はデイジー・リドリー演じるレイが 文字通りフォースを覚醒するところまでを描く 彼女の登場はごみを集めて売るという象徴的な日常を描くところから始まるが 非常に印象的なシーンだ 結果 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。