未分類

銀魂 この素晴らしい作品を読め!

投稿日:

銀魂

作者の空知の初連載作品であり、SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。空知はこの作品の属性を「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」と表現している[1][2]。
本作の第1巻には『だんでらいおん』[3]、第2巻には『しろくろ』[4]、第24巻には『13 サーティーン』[5]、第38巻には『ばんからさんが通る』[6]が収録されている。
話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは漫画本編の内容を意識した教訓的な物・作者の素朴な疑問・ことわざ・ツッコミ等が付けられている。主人公が周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグがストーリーの基本路線ではあるが、感動を誘う人情話・バトルなどによるシリアスな展開になる事も多い。『将軍暗殺篇』以降は連続性の強い複数の長編で構成されており、所々にギャグを挟みつつも、主要人物の死の明確な描写といった物語のクライマックスを意識した描写が多く、サブタイトルも簡略化されたりと、全体的にシリアスな作風になっている。また「主人公以外の人物が中心となって進行する」「主人公が全く登場しない」エピソードも多く見られる。
連載当初は誌上アンケートの結果が振るわず、打ち切りすれすれの掲載順位が続いていたが、その後少しずつ人気を博していき、単行本の国内累計発行部数は2016年5月の時点で5,000万部を突破している[7]。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の少年時代の自己イメージ

さて、自分でも自分がどんな少年時代だったか ってなかなか明確なイメージを示すのは 難しいですね。 とりあえずは、エピソードを 思い出して書いてみようかと 「しゃべらない少年」ということは お伝えしたと …

ファミレス の今 こんなことも!?

ファミレス セブン&アイ・フードシステムズが全国に約380店舗(2017年8月時点)を展開しているファミリーレストランチェーンのデニーズが、8月1日から9月4日までの期間限定で「ほろデニセット」という …

小学生時代の思い出

今回は 小学校時代の思い出を 話していきたいと思います。 幼稚園の入園式の時の話し 小学校時代のエピソード を話しました。 とにかく変わったやつ!です。 我ながら 小学校時代は一貫して授業中は しゃべ …

「先に生まれただけの僕」 教育ドラマ 最新作 桜井君いいね

金八先生をはじめどうしても 先生物は見てしまう。 「ごくせん」は再放送だったが見たし(笑) 今回は異色といえば異色 企業が抱える私立高校に校長として 飛ばされるエリート営業マン 派閥争いの末なので や …

BiSH アイナ・ジ・エンド恐るべき才能

ネットサーフィンをしていると凄いものに出会えることがある 今それを体験してしまった まあ、遅かれ早かれ世間を騒がすと思うけど YouTubeはそのすごいものの宝庫だ 他の動画サイト、えーっとアメーバT …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。