Drop’s 中野ミホ 才能というよりこの時代が来たと思う

最近、YouTubeという無敵のツールで
さまざまなお宝を発掘しまくっている

もちろん稼ぐネタもその一つなのだが
ぼくにとっては

最近の若い人(この言い方はやなんだけどね(笑)
の音楽を探し出すのがたまらなく楽しい

というわけで
BiSHのアイナ・ジ・エンドに続いて

Dop’sというガールズバンド(この言い方もダメだ)
を見つけてしまった。

ギターボーカルの中野ミホは
ありきたりだがソングライティングを含め天才じゃ

まちがいない
グリムスパンキーの松尾レミとは似て非なる
である

シャウトするときのハスキーボイスは魅力があり
それだけでなくつやのある歌声も併せて
聞かせてくれる

魅力は単なる歌声だけじゃないのだ

で、なんだろうと

じっくり考えるというか
感じたんだ

いまのところ新しい曲の「コール・ミー」
のライブバージョンでそのバンドのポテンシャル
をしっかり確認できる

ギタリスト、ベーシスト、ドラマー、キーボード
みんなロック野郎なのだ!

おそらくまちがいなくブルース・ロック・リズム&ブルース
を愛する5人なのだろう

同時に日本のロック、サニーデイサービスあたり
曽我部恵一はお気に入りなのだろう

ガールズロックという言い方が嫌だといったが
「女の子版」なになに、という見方があるが

そう、プリプリやショーヤの時代があって
ラブサイコときてグリムスパンキーもしかり

女の子がここまでやるの?的な

けど、この子たち違うんだ
あきらかに

もう次の時代が来たというか
もう心底「ロック野郎」なのだ

この感じは、聞いて感じてもらうしかない

その感じが伝わるのが
Drop’s 「こわして」Studio Session
これを最初にみてほしい
ぼくらがロックに見せられたあの時
そうあの時を思い出せる

中野ミホの着ている服と歌いっぷりのギャップは
ざまあみろって感じが、ひしひしと感じられてうれしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。