ミスタードーナツ

ミスタードーナツ
最近、駅前の「ミスド」(ミスタードーナッツの一般的な略称)でハニーディップとホットコーヒーで
1~2時間、読書をするのがとても心地よいのです。
そんなことで、ミスドってなんかそれぞれの店舗で出すもの違うのかなって、思って。
ちょっと調べてみた
「沿革は以下の通り
1955年にアメリカ合衆国・マサチューセッツ州ボストンで創業されたが、1990年にアメリカ合衆国の食品大手企業に買収され、
北米の店舗は一部を除き同社が同じく所有するダンキン・ドーナッツに転換された。その後アライド・リヨンズはダンキンドーナツ
を含むレストラン部門ダンキン・ブランズを3ヶ社に売却した。
日本市場が大きく1300店舗で運営している
日本では全くの異業種であるダスキンがドーナツ事業に進出したきっかけは、創業者の鈴木清一がアメリカでハリー・ウィノカーに出会い、
意気投合したことから。また、ダンキンドーナツが日本進出した際、鈴木が「うちと似た名前のドーナツ屋があるらしいので、
間違えてドーナツは無いのかと客に言われる前に作ってしまおう」と言った冗談をきっかけに、本当に米ミスタードーナツと提携した、という説もある。
 1971年に日本での事業を開始しており、ケンタッキーやマクドナルドなどと同じく日本で最も早い時期に始められたフード系フランチャイズである。
当初(1970年代~1980年代初頭)はアメリカ文化や高級感を醸した店構え・広告宣伝戦略を採っていたが、
好感度タレントで毎年上位に位置する事の多いお笑い系タレント所ジョージのTV-CM起用や低価格メニューの拡充・宣伝での強調、
未成年(特に女子)をターゲットにデザインした景品キャンペーンの打ち出しなど、徐々に大衆化路線に転じていく。
日本では飲茶などの食事メニューも取り入れ展開している。」
そう、結論から言うとメニューは店舗ごとに違うのだ
まあ、ホームページ見ればわかるけど
飲茶、シェイク、パスタ、アイスが食べられる店舗を調べられる
最近では食べ放題をやってる店舗や福袋まであるのだ
(『ミスタードーナツ』の福袋の中身 2160円
・ドーナツ、20個引換カード
・トートバッグ(2種類のうち1個)
・クリアファイル 3枚セット
・コンパクトミラー(2種類のうち1個)
・カレンダー  ※福袋ですので中身が違う可能性もあります)
また、楽天カードとの連携でポイントもたまるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。