ビジネス

「私は大きな質問になりたい」 ぼくらの未来のつくりかた

投稿日:

自分の昔からの課題は、

「絵を描くことは万人に楽しまれるべき遊びだ!」

でも今の教育がそれを保証しない。
だからオリジナルのスクールを作りたい。

どんなアイデアで解決しよう?

・費用の問題をクリアするには~クラウドファウンディングを利用する。
・インターネット上でスキルを公開する。
・SNSで同じ思いを持つ人を募り個々に活動を展開する。
・同様の課題を持つ芸能人などを見つけインフルエンサーとして
協力を要請する。

こんなことかな?なんかあります?!

家入一真の「ぼくらの未来のつくりかた」は
その意味では刺激的だった

著者は
前々回の都知事選に出馬⇒落選の
経験をこの本の中で

様々な経験として
描いている

いや、その経験がどう生かされたかを

重要なキーワードは

「居場所」だ

その居場所をつくるために
都知事選も出たし

様々な事業も
思い付きと言われながら
作ってきたと

あの炎上した
「スタディギフト」も
同様で

とにかく
勉強する機会を奪われている
子供がいるなら

何らかの方法で
助けたい!

これが趣旨

なんでもやっちゃおう!
って言うのが
凄くない?

それで呼び掛けて
とりあえず反応があって
動き出す

修正はその後で
やればいいんじゃない?

ってな感じでしょ。

寺山修司の言葉を引用しているけど

「私は大きな質問になりたい」って

明確な質問が作れれば
回答は得られたようなもんだと

言いたいんですね!

「今の教育に足りないものは?」

「社会の中に絵を描くことが必要な環境は?」

「言葉と絵 どっちが大事?」

いろいろ考えてみた。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– comレスポンシブ20180307 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-8493670707912461″
data-ad-slot=”5722634931″
data-ad-format=”auto”></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成人式のプレゼント 西野君あっぱれ

西野君あっぱれ 成人式のきものの詐欺事件「はれのひ被害者」にたいして 成人式をプレゼントしますよ って話 行動が早いっすね で、日ごろから言っている通りの行動 ハロウィンのごみ問題を聞いて渋谷で「ゴミ …

エアコン ネットで情報集め快適に

エアコン 言わずと知れたエアーコンディションの略語 世の中にこんな略語があふれてますね まあ、便利でいいけど、元は何だったっけってのもありすぎるのは困る エアコン価格 エアコンの購入を考えていて価格や …

電卓 現在の多様性を使いこなせ!

電卓 まずは「無料電卓」の情報を わかりますよねweb上の電卓です。 でもこれだけのバリエーションがあるとは・・・ ■無料電卓の紹介 Ⅿ電卓 日付・時間。ローン返済、単位変換、三角計算や関数などの機能 …

書店 本を愛する人たちへ

書店と聞いて今どれくらいの人が胸をときめかせるのか ここ数年、若者の本離れがささやかれて久しいが、かなり本への世の中の考えが変わってきたのではないでしょうか 書店員による賞が設立され本屋でのプレゼンテ …

「ゼロ」堀江貴文 思っていたホリエモン像とは全く違うものでした。

ちょっと前に買っていた「ゼロ」(堀江貴文著)を読みました。 勝手なイメージの中のホリエモン像とは全く違う イメージがそこにはありました。 その人となりを知りたいと思って読んだのではないですが ある意味 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。