ホリエモンの炎上のテクニックはすごいですね

O‰@–@–±ˆÏˆõ‰ï‚ŁAŽQll‚Æ‚µ‚Ĉӌ©‚ð’q‚·‚錳ƒ‰ƒCƒuƒhƒAŽÐ’·‚Ì–x]‹M•¶Ž‚P‚O“úŒß‘OA“Œ‹žE‘‰ï“à

ホリエモンの炎上のテクニックはすごいですね
2~3回に1回はきちんと物議をかもして炎上させるって

西野君負けてられませんよ

結果、ホリエモンは議論に徹底して対応できるから
自信をもってかなりのところをえぐってくる

今回は

ホリエモン「生活保護世帯への進学支援は『税金の無駄遣い』」
これはそもそもメディアが切り取った感があるが
この議論を利用して大学に対する疑問 つまり学歴社会への問題提起なのだ
賛同できるのは、教育問題を政策としてアピールするというやり口には賛同できない、ということ。
ただ、教育の機会を均等にすること自体には必要性を感じる。生活保護世帯がどうのという議論自体があまり意味をなさないと思う。
ホリエモンがこんな提起をすることが明らかにこの辺りに内在する課題をえぐりだしたことはスゴイ!ツイート1つでこの影響力って言うのがね。
見習うべきはそこだ。
まあ、ただそこまでのインフルエンス力はまだないわけだからいかなる形でバズを起こしていくかは様々なテクニック含め学んでいく必要があるね。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/12/horie-hogo_a_23304433/
まあ記事をどうぞ。

「気分が良ければなんでもオッケー」というハッピーちゃんの法則(いや引き寄せの法則)はこの場合どうか
炎上してくる状況を見るのは気分がいいか
いや、そうではないな、ホリエモンは自分が考えた感じたことをツイートしないことが気分が悪いから
とにかく直感として感じたことは「つぶやく」のだ

そこを見習おうではないか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。